松戸市 市川市の小児科 つるこどもクリニック|松戸 北国分 乳幼児健診 予防接種 発熱 おう吐 けいれん 腹痛 おねしょ(夜尿症)

松戸市 市川市の小児科 つるこどもクリニック|おねしょ(夜尿症) 予防接種 乳幼児健診

松戸市 市川市の小児科 つるこどもクリニックの診療時間表:午前9:00~12:00、午後14:00~18:00|休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日 14:00~15:30は予防接種、乳幼児健診のみです。

松戸市 市川市の小児科 つるこどもクリニックの電話番号:047-703-8941

松戸市 市川市の小児科 つるこどもクリニックはJR松戸駅より徒歩10分、駐車場を1台分ご用意しております

松戸市 市川市の小児科 つるこどもクリニックのWEB予約はこちら

みずぼうそう

かゆいプツプツが全身にひろがってしまうみずぼうそう。
親御さんで子どもの頃にかかった記憶がある方もいらっしゃると思います。

原因

みずぼうそうは「水痘・帯状疱疹ウイルス」というウイルスによって引き起こされます。

このウイルスは感染力が強く、咳やくしゃみなどの飛沫感染、手についたウイルスがうつってしまう接触感染だけでなく、近くにいるだけでもうつる空気感染もします。

どんな症状?

みずぼうそうは主に、発熱と発疹が出る病気です。
うつってから2週間前後(10~21日)の潜伏期間をへて発病します。

発熱とほぼ同時に発疹が出てきます。
初めはちいさな赤いプツプツが胸やお腹、背中に現れてきますが、その後手足に広がります。

虫刺されやあせもと勘違いしてしまう場合もあります。

大きめの発疹の真ん中には小さな水泡ができてきます。
かゆい状態が数日続き、黒っぽいかさぶたになっていきます。

ワクチンを接種していないお子さんでは数百の発疹がでますが、ワクチンが定期接種になり、発疹が少なくて典型的でないお子さんが増えてきました。

治療

抗菌薬(抗生剤)は効果がありません。水痘に対する抗ウイルス剤の内服薬があります。

かゆみを抑える薬や解熱剤を使ってお子さんの症状をやわらげることもできます。

予防

ワクチンがあります。2014年から定期接種になりました。ひどいみずぼうそうが減ったと実感しています。

ワクチンを接種してもかかることがありますが、症状の程度が全くちがいます。1歳の誕生日が来たらぜひ早く接種していただきたいです。



お子様の病気のコラム一覧
RSウイルス感染症
咽頭結膜熱(プール熱)
ウイルス性胃腸炎
おたふくかぜ
気管支喘息
手足口病
百日咳
ヘルパンギーナ
みずぼうそう
夜尿症(おねしょ)
便秘症

このページの先頭へ戻る